飲みすぎるとどうなる?シトルリンの副作用について調べてみた!

精力増進・疲労回復に効果があると話題のスーパーアミノ酸であるシトルリン。

人間が健康であるのは身体のめぐりが良いという事。

シトルリンを毎日摂取することにより、シトルリンの働きである血管拡張作用で血行・身体のめぐりを良くし、身体中に栄養・酸素を届け、様々なところに活力を与えてくれます。

それにより男性にとって特に嬉しい精力増進・サイズアップをはじめ、男女共に筋力アップ・疲労回復・むくみ解消・ダイエット効果・冷え性改善動脈硬化予防・集中力アップ・アンチエイジングなど様々な効果が期待できます。

シトルリンは主にスイカやゴーヤ・きゅうり・メロンといった瓜科に入っており、これらを食べることで摂取することも可能です。
しかし、一日に必要な800㎎~2000mgを食べもの全てで補うには、毎日の事だとなかなか難しいと言えます。
気軽に効率よく摂取するためにおすすめなのがサプリメントで摂取する方法です。

サプリメントであれば薬のように飲み方なども厳密な決まりはありませんし、栄養成分の一種の健康補助食品なので、いつでも好きな時に摂取することが出来ます。

しかし、これだけ効果が期待できるとなると続けると副作用が無いのか・・続けて大丈夫なのかと心配になる方も多いと思います。

そこで、その不安と心配を解消するため、シトルリンの副作用についてお伝えしたいと思います。

基本的に副作用は無いシトルリン

もともとシトルリンは医薬品成分でした。しかしその後2007年8月から健康食品成分へとなりました。
今まで多くのサプリメントなどの健康食品が売られていますが、人体に大きな害をあたえたという例は無く、先に摂取していた欧米でも副作用というのは報告がありません。

ただし、これは普通に生活ができる成人男女による場合であり、アレルギー体質の方や子供、大きな病気を持っている方、血圧・血管に問題がある方は注意が必要です。

また、他のサプリメントを服用している場合や薬を飲んでいる方、漢方薬などを欠かさず飲んでいる方などは「飲み合わせ」の悪い成分というのがある場合があります。

シトルリンサプリメントをこれから始めようと思っている方で少しでも身体に不安や心配がある場合は、飲む前にかかりつけの医師に相談すると安心です。

自分がこれだ!と思ったサプリメントの用量を守り、続けてみましょう。

シトルリンは普通体質の方の場合はある程度多く摂取しても全く問題ありません。

ただ、沢山飲めば効くと思って量を一度に沢山摂取するのは間違いです。

なぜなら身体にシトルリンというのは必要な分だけしか貯めておけないようになっているからです。必要な摂取量を超えてどんどん飲んでも身体は必要以上は摂取せず、最後は排出されてしまうのです。

身体のめぐりを良くし、シトルリンの効果を実感するためには1日必用である800㎎~2000㎎は配合してあるものが理想的です。

サプリで摂るなら高配合・高評価のシトルリン2000がおすすめです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする